最近では、公共の場でも禁煙の場所が多くなったりたばこの値段が上がったりでたばこをやめる人が増えてきています。
ですが、その中でもなかなかたばこを辞められないという人もいます。
男性だと健康が気になるくらいで、さほど気にする人はいないかもしれません。
ですが、女性の場合は妊娠すると胎児への影響が気になる人もいます。気にはなっていてもたばこは軽い麻薬と同じようになかなか辞められないという人もいるのではないでしょうか。
たばこの影響を最も受けやすいのは、大人よりも子供たちかもしれません。今回は、胎児や子供に対してのたばこによる影響を紹介します。

妊娠中のたばこによる影響

妊娠中にたばこを吸うことによって胎児にどのような影響があるのか知っていますか?
母親の体の中に入ったたばこの煙は、全身に回ります。たばこを吸い過ぎると肺をダメにしてしまうと聞いたことがあると思いますが、それだけではなく血管の中にもたばこの煙は届くのです。つまり、へその緒でつながれた胎児はへその緒から母親の血液や栄養を吸収しているためたばこの煙も一緒に胎児の中に入ってしまうということになります。
そのことによって、栄養が上手く吸収できずカラダが小さいままに生まれてしまったり、予定日よりも早く出てしまうということになるのです。
本来ならば、ある程度の大きさで予定日に生まれなければいけないのに早く生まれてしまったりすることで、外の環境に適応さなない時期に生まれてしまうのです。
入院が伸びるだけではなく、成長発達に影響が出てしまいます。

授乳中のたばこの影響

赤ちゃんが生まれた後、授乳をします。
授乳は、見た目はミルクと同じような感じではありますが、赤ちゃんにとっては食事です。
母親から出る母乳には母親の血が混じっているだけではなく母親が食事をしたものの栄養が母乳になり、赤ちゃんに必要な栄養を与えているのです。
つまり、例えば辛いモノを食べたり甘いモノを食べたりした後に、母乳をあげるとその味を赤ちゃんも口にするのと同じようなことなのです。
なので、授乳中の母親がたばこを吸っているとたばこの味や害になるモノを赤ちゃんにも与えてしまうということになります。
たばこの煙の中には、必要な栄養を阻止してしまうという影響もあるため赤ちゃんに必要な栄養が届かず栄養不足になってしまうという可能性があります。

子供に対するたばこの影響

たばこには副流煙があるということを聞いたことがあると思います。
たばこを吸っている人よりも、副流煙を吸っている人の方が影響を受けやすいということも知っていますか?
つまり、吸っている大人よりも周りにいるたばこを吸わない人や子供に影響があるということです。
大人の場合には、ある程度成長は止まっているので成長には影響はありません。健康が害されるということです。
ですが、子供の場合には成長に影響を与えてしまいます。
また、大人と同じように健康も害されてしまうという悪い状態となってしまいます。

3つの影響を紹介したように、たばこは影響が大きいので禁煙をオススメします。
なかなかできないという人は、少しずつでもたばこを吸わないように努力したり、子供の傍で吸わないようにしましょう。