電子タバコのメリットは主に、

  • 周りが嫌がる煙が出ない
  • タバコに比べると健康を害さない
  • タバコと比較して大幅にコストをカットできる
  • オシャレアイテムが1つ増える
  • 趣味が増える
  • 話のネタになる

などです。

タバコと比べた時に、電子タバコのデメリットは個人的にはあまりないと思います。
もちろん怪しいリキッドなども出てるので気を付けなければいけません。また取り扱い方法も気をつけるべきですね。

タバコに限った話ではありませんが、身の回りにある様々なものが、電化或いは電子化されていく昨今、ライターやマッチで火を付ける必要が無い=火事にならない、灰が出ないので灰皿も要らない、灰皿掃除もしなくていい、などの理由で、従来の火を付けて吸うタイプのタバコから、電子タバコへ乗り換えようという方が増えています。

火事や灰皿以外の部分で考えた場合に、電子タバコには、害らしい害は何もないのか、というと、これは使い方次第、使う人次第と言えます。

吸っている本人の満足度や満足感とは関係の無い所で、火を付けて吸う従来のタバコには、有害な物質を多く含む副流煙が発生します。

この副流煙は、吸っている本人にも勿論健康に悪影響を与えますが、周囲の家族や友人達の健康に対しても悪影響を与えます。
賃貸物件に居住している場合には、壁がタバコの煙害で汚れたことを理由に、補修代を請求されることもあります。

電子タバコは、吸って吐いての繰り返しの中で、煙は目に見えますが、それは可燃物が燃焼した際に発生する煙ではなくて、水分が気体になる際に発生する、言わば霧のようなものです。

これはタバコの副流煙とは全くの別物で、表記による誤解を避けるうえでは、タバコの場合は煙、電子タバコの場合は霧、と書き分けた方が良いのかもしれません。

しかし、嗜好品である電子タバコには、イメージが大事なので、タバコと名乗っている以上、煙という表現を、他の言葉に置き換えることによって、イメージが低下するような事態は招きたくはないという販売サイドの思惑があるのか、電子タバコの場合も、煙という表現がされています。

ただ、現実には電子タバコからは副流煙も煙も出ていません。
あくまでも、水分が気化したものが出ているだけです。
副流煙によって引き起こされる害は、電子タバコからは、生じることはないのです。

吸っている本人とは別に、周囲の人にとってはどうかというと、電子タバコからは、有害な副流煙が発生しない以上、他人の健康を損なう形での迷惑は生じないというメリットがあります。

ただし、水分が気化したものが空気中に発生するので、全く無臭ということはないですから、好みに合わない匂いのせいで不快だということは有り得ます。しかし、それはガムでもアメでも起こり得る話です。

電子タバコの害について

吸っている本人には、完全に害が無いのかという、断言はできません。と言うのも、電子タバコの電気の部分の不具合が原因で、発がん性のあるホルムアルデヒドが生じるという事例が報告されているからです。
ただ、通常のタバコと比べると95%害がないと言われています。

電化製品は、ドライヤーであれ電気ストーブであれ、使い方を間違えると事故の元になるもので、それは電子タバコでも同じことです。

粗悪品や、信頼性に疑問のある商品は使わない、正しい使い方を守る、といった使い方に気をつけることが、本人の健康を守ることにも繋がる大切なことなのです。