電子タバコとはタバコの形をした器具にメンソールやミント・フルーツなどのフレーバーの液体の入ったカートリッジを取り付け、水蒸気を発生させたものを吸入することで、タバコを吸った満足感を得て禁煙を実施するアイテムのことです。

電子タバコの中には吸入時にタバコの先端に赤いランプをつけることで火がついているような感覚があるようにし、さらに本物に近い吸い心地を楽しめるというものまで登場しています。
吸入感覚が本物のタバコに一番近いと言われることから、今まで愛煙家として知られてきた人でも気軽に禁煙や減煙が実践できるアイテムとして大変人気があります。ちなみに電子タバコにはニコチンが含まれていませんので、タバコを吸う雰囲気を楽しみながら、次第にニコチン依存体質から抜け出すことが可能になります。

病院での禁煙外来に通う方法もありますが、時間がない人やタバコをやめて口さみしい感じがするといった元愛煙家の人など、電子タバコで禁煙が成功したという人も少なくありません。

電子タバコの仕組みについて

電子タバコの中身はどのような構造になっているのでしょうか?
電子タバコはいろいろなフレーバーを楽しめる液体を閉じ込めたカートリッジを、タバコの形をした器具にセットすることで、水蒸気を吸入してタバコを吸っている感覚を楽しめるようになっています。

では電子タバコはどのようにフレーバーの液体のカートリッジから、水蒸気を発生させる仕組みになっているのでしょうか。それは電子タバコの器具内にバッテリーが内蔵してあって、そこでカートリッジ内の液体を加熱することで水蒸気を発生させ、吸入するという仕組みになっているのです。また着火感覚を楽しむために本物に近い炎の色をした赤いランプを取り付けたタイプの電子タバコは、吸入時にスイッチが入ってランプが点灯する仕組みになっています。

ちなみにメンソールやミント・フルーツなどのフレーバーを楽しめる液体には、天然や合成の香料のほか、プロピレングリコールやグリセリンなどの食品添加物などいろいろな成分が配合されています。また電子タバコの液体には、各メーカーや製造会社によってその成分に若干ばらつきがあるようです。電子タバコには日本製と海外製のものがありますが、日本製の電子タバコとは違い海外製の電子タバコの中には、日本で許可されていない添加物が含まれているものもあるようですので、購入する際には確認する必要があります。

電子タバコとシーシャとの違いとは?

シーシャとはエジプトから発祥した水タバコのことですが、近年世界的にもシーシャの人気が高まっているようです。
電子タバコとシーシャと比較すると結構よく似た点があります。

それはどちらも水蒸気を吸入することで、タバコを楽しむといった点です。しかし電子タバコとシーシャは似て非なるものです。それは電子タバコはフレーバーの液体の水蒸気を楽しむのに対して、シーシャはタバコの葉をシロップに付け込むことで甘い香りを楽しむものなのです。

しかもシーシャの場合はアルコールを入れたり、フレーバーも電子タバコと比較にならないほど種類が多くあります。ただ電子タバコの場合は携帯にも便利ですし、なじみのある香りが楽しめるというメリットがあります。
そこで電子タバコとシーシャを吸い比べてみるのも面白いのではないでしょうか。新しい発見があるかもしれません。